古いのに新しい!古民家レンタルは色々な体験ができます

古民家を仕事用にレンタルするという発想

仕事の打ち合わせや会議に古民家を利用

殺風景な一室で延々と続く会議に、辟易としてストレスが溜まっている人はたくさんいます。
その状況を打破するべく、最近古民家レンタルを会議などの場として利用する企業が出てきました。

商品開発などアイディアを必要する会議は、リラックスしていると名案が浮かんだりします。
柔らかな畳の上に車座になると、昔の家族会議のような和気あいあいとしたムードで話を進められます。
古民家の持つ優しさに触れ、話し合いがむしろ楽しい雰囲気へと変わってきます。

また、他社との打ち合わせ用にレンタルする場合もあります。
緊張がほぐれて親近感が湧き、忌憚なく意見交換ができて今後の関係が円滑になります。
古民家を利用するという発想が評価されれば、取引を有利にする手段の一つとしても有効です。

撮影場所として古民家をレンタルする

業種によっては、和風の画像素材を必要とする場合があります。
古民家での撮影は、画像によりインパクトを与えて高い効果が望めます。

梅干しや豆腐など、日本の伝統的な食品の背景には古民家がよく似合います。
着物や伝統工芸品の撮影にも、日本のかつての暮らしを感じさせる古民家は場所として適切です。
あるいは茶道や華道の教室宣材写真なども、古民家で撮影するとさらに引き立ちます。

逆に、和洋折衷や和モダンなどという言葉がありますので、コントラストを利用する方法もあります。
趣のある佇まいの中に、あえて西洋の香りがするものを配置させると斬新な作品になります。
背景の色を落として手前の被写体の色を際立たせると、ユニークな画像が出来上がります。


このPostをシェアする